『ニキビ跡ケア・化粧水』

ニキビ跡を消す『化粧水』おすすめ人気ランキングでは気になるにきび痕が残らないようにする為のお役立ち情報を配信中!

*

ニキビ跡消す化粧水の効果と根本的な原因について

 そもそもニキビ跡ってなぜできるのか?

ニキビが出来るイメージ図

顔や体に出来るニキビは炎症を起こして化膿して潰れたり
もし炎症が無事おさまったとしても、
炎症した場所にニキビ跡が残ってしまうことがあります。

なぜ、ニキビ跡が残るのかというと
ケガをして痕が残るのと同じように
ニキビ跡も肌に出来る傷痕として残るのです。

だからこそ、ニキビ跡を消す為に
正しい治療やケアを行うことで痕が目立たない
スベスベで綺麗な肌を手に入れることができます。

体質によって出来やすいニキビ跡は違うんです!

ニキビ跡の種類

ニキビ跡といっても実はタイプは一つではなく
大きく分けて3つのタイプに分類されています。

まず、1つ目は「赤みがあるタイプ」です。
このニキビ跡は年代と性別にかかわらず
日本人の最も多くの人が悩んでいます。

にきびが炎症すると、内部が黄色く化膿して
洗顔中などの少しの刺激で膿んでて出血しやすくなります。

この時に、化膿して出血した後も
赤みが肌に残るのが赤みがあるタイプの特徴です。

そして、2つ目は「黒ずみが残るタイプ」です。
ニキビケアが上手くいかずに肌の毛穴部分に
本来ならはがれて落ちるはずの古い角質や汚れなどが
詰まってしまってイチゴの種が黒く詰まったように
肌に痕が残りやすくなります。

最後に、3つ目は「デコボコ肌になるタイプ」です。

一番目立つうえに手触りが気になるのが
ニキビ跡がデコボコしてまるでみかんの皮のように
肌が汚くなってしまう状態です。

これはニキビを治そうとスキンケアをしている最中に
必ずと言っていいほどニキビが潰れて出血したり
膿が出てくるタイプの人に多い肌トラブルです。

また、ニキビケアをせずに指先や爪でニキビを潰して
バイ菌が傷になった部分から混入したり
強引に肌を傷づけることによって
皮膚がデコボコ状態になったりします。

この赤みがあるタイプ・黒ずみが残るタイプ
・デコボコ肌になるタイプと呼ばれている
3つのニキビ跡が出来る大きな要因。

その要因は皮膚の真皮と呼ばれる皮膚の奥深くまで肌が
傷を負ってしまう事が主な原因と考えられています。

ニキビ跡を消すために欠かせないお手入れとは!?

ニキビは皮膚の奥深くの真皮に肌ダメージを与える為、
洗顔や保湿を意識してもなかなかニキビ跡を
消す効果が得られにくくなります。

そこで、ニキビ跡を消すのに欠かせないお手入れこそが
肌のターンオーバーを正常に整えて
内側から美しい肌を育てるという発想です。

その為に必要なのがスキンケアが下記のお手入れです。

・お肌をひきしめる
・お肌を清潔にする
・お肌を整える
・皮膚にうるおいを与える
・皮膚を健やかに保つ
・新たなニキビを防ぐ

このニキビ跡を消す為に欠かせないお手入れを
たった1本でケアできるの専用の化粧水のリプロスキンが
ニキビ後で悩む方々から圧倒的な人気を集めています。

リプロスキンを試した結果

 

 

一度出来ると治りにくく目立ちやすいニキビ跡!

ニキビと言えばアクネ菌を対策する為に
洗顔が注目されることが多いです。

しかし、ニキビの根本的な原因は毛穴の目詰まりです。

そのため、いくらアクネ菌を意識しても
毛穴のつまりが解消できなければ
にきびは悪化して炎症を起こしてしまいます。

炎症を起こした後は黄色い膿が破裂して
皮膚の外に飛び出して肌が汚くみえますよね。

その後うまくいけば皮膚は綺麗な状態に戻ります。
しかし、最悪ニキビ跡として赤褐色の色素が
肌に定着してずっと残ってしまいます。

間違えたスキンケアでニキビ跡が残らないように
知っておきたいお手入れの秘訣をご紹介します。

 

・デコボコしたオレンジスキンに要注意!

頬やオデコやアゴに出来やすい肌がデコボコして
まるで、みかんの皮のような状態を
オレンジスキンといいます。

なぜデコボコした肌になるのかというと
これはニキビケアに失敗して毛穴が壊れて
開いた毛穴がそのまま固まってしまった状態です。

人間は自然治癒の力を持っています。
だからこそ肌に軽い切傷ができても
しばらくすると綺麗に元に戻ります。

このとき実は治癒性の固いコラーゲンがつくられて
傷が残らないように肌を治療してくれているのです。

しかし、ニキビが炎症を起こし、
膿が破裂して開いた毛穴が治癒性のコラーゲンで
毛穴が広がったまま固まることでケロイド状になり
クレーターや、みかんの皮の様にデコボコした肌になってしまうのです。

一度毛穴が開いた状態のまま固まってしまうと
スベスベの肌に戻すのは非常に難しくなります。

そのため、にきびの出来始めや
赤い色味だけが残った跡の内に
肌トラブルを放置せずにお手入れをしていきましょう。

 

・ニキビは出来始めでケアするのが一番良い?

膿がたまりニキビが破裂すると毛穴が開くため
そのまま治癒性コラーゲンが固まると
デコボコ状のオレンジスキンやクレーター肌になってしまいます。

そのため、出来るだけニキビは出来始めでケアして
炎症を起こして破裂させないように気を付けましょう。

気付いたら赤くなっているイメージのニキビですが
実は毛穴の奥の方で徐々に静かに大きくなっています。

この毛穴の奥の方でニキビの元としてできているのが
角栓(コメド)の小さいマイクロコメドです。

このマイクロコメドが毛なあに隠れている状態で
毛穴に古い角質が蓋をして出口を塞いでしまうと
化膿性のニキビの原因になってしまいます。

マイクロコメドが詰まった状態で毛穴が古い角質で
ふさがれてしまうと毛穴の中には皮脂や雑菌が増殖して
炎症を起こして赤くはれたり黄色く膿がたまり始めます。

これが悪化して毛穴が広がれば広がるほど
膿が破裂して跡が残ってしまいやすくなります。

そして、一番やってはいけないのが早く赤みや
黄色い膿を綺麗にしたいからと指や爪で潰して
ニキビの芯や膿を無理やり出そうとする行為です。

これはお手入れでもなんでもなく
ただ毛穴にダメージを与えているだけです。

すると最悪の場合毛穴が広がった状態で
皮膚が固まって慢性的なデコボコ肌になるのです。

そのため、最も良いのはニキビができないように
日頃から食生活や生活リズムを健康的に保ち
スキンケアもニキビ跡が残らないようにリプロスキン化粧水
肌を柔らかくしたり保湿するように心がけましょう。

リプロスキンを試した結果